AGAの治療方法

AGAとしては、20代、30代というような時期に額が徐々に後退するM型薄毛、河童のように頭頂部が薄くなるO型薄毛、または同時にこの2つが進んでいく複合型薄毛というようなものがあります。


M型薄毛の要因は、ジヒドロテストステロンというものの作用によって、発毛サイクルが乱れることです。
O型薄毛の主な要因は、頭皮の血行が悪くなることによって栄養が髪の毛に行き届かなくなることです。


AGAの要因は、これ以外に生活習慣やストレスもあります。
AGA治療の方法としては、このような薄毛の要因を探しながら、改善していくものです。
具体的なAGA治療の方法には、外科的治療法の植毛など、外用療法の薬剤を塗る、内服療法の薬剤を服用する、というようなものがあります。


治療の方法が正しければ、AGA治療の方法の特に薬剤を使用したものは、細胞の老化による老人性脱毛症よりも割合治療の効果が大きく期待できます。
生活習慣の改善やストレス解消と同時に、AGA治療を薬剤によって継続していくものです。
生活習慣の改善を重要視して、同時に食事療法を行っている場合もあります。


また、AGA治療で東洋医学によるものも進められています。
マッサージ、針、指圧、灸を使って、毛髪の本来のものを回復するために、中枢神経と脳を活発にさせて、身体が持っている自然治癒力をアップさせようというものです。
西洋医学のAGA治療に、この東洋医学の治療法をミックスするような試みも行われています。


本サイトでは、薬剤による治療方法、M型薄毛の治療、O型薄毛の治療、についてご紹介します。


<注目サイト>
発毛治療を行っている毛髪再生医療機関のサイトです ⇒ ⇒ 発毛

Copyright © 2014 AGAの治療法 All Rights Reserved.